ぱっと見は定番、だけど“一味違う”がキーワード

スポーツブランドは当然ながら、シューメゾン、そして多くのモードブランドが、いまではスニーカーのバリエーションをかなり豊富にリリースしています。無論、大人に好相性なモデルも数多ございます。

ナイキ謹製の新作スニーカーには、そのものズバリなスニーカーがばっちり揃っております。百聞は一見にしかず。厳選の3足をご紹介しましょう!

1.履き心地ナイキ サカイ ヴェイパーワッフル 偽物 スニーカー★ “ロイヤル フクシア”

これは、未来のビジョンを思い描く人、より良い明日を作るためには過去が重要であることを理解する人々のためのデザイン。

画期的なヴェイパーフライと1983年のクラシックなペガサスをミックスした

ナイキ x sacai ヴェイパーワッフルは、ディテールを重ねてランニングの過去と未来を融合。

安定感のある快適なアッパーとクラシックなワッフルアウトソールを組み合わせ、

長きにわたって愛されるフィット感と限界を引き上げるsacaiのスタイルを両立させた。

このバージョンのカラーでは、ジョーン・ベノイト・サミュエルソンが1984年夏につかんだマラソンの優勝をイメージ。

2.ナイキ ウィメンズ ダンク 偽物 ロー ESS “ペイズリー” 全2色 DH4401-101

人々を魅了し続けるタイムレスなデザインは張りのあるレザーで構築。補強パーツやアウトソールは、カラーを切り替えて往年の2トーンを再現。また同色のスウッシュとヒールタブにペイズリー柄を配置、通常のモデルとは差別化を図ったファッショナブルな雰囲気を漂わせる。カラーは、ブラック/ホワイト、ブルー/ホワイトの2色展開となる。

3.エアフォース1 パラノイズ 偽物 ピースマイナスワン × ナイキ AIR FORCE 1 Para-noise G-DRAGON White

さまざまなクリエイティブツールを使いこなす前衛アーティストのG-Dragonが、ユートピア創造に向けて動き出した。隠然たる力に押さえつけられていても、いつか自分の夢を実現する希望は忘れない。そしてついに発売されたのが、最新モデルのナイキ x G-DRAGON エア フォース 1だ。塗り重ねたホワイトペイントの下には、創作を続けながら大きく膨らんだ希望が込められている。
時間の経過とともに、アッパーのホワイトペイントは摩耗する。そこで顕わになってくるのが、創造に対する信念を表現したフリースタイルのG-Dragonデザインだ。シュータンには自身のファッションブランドであるPeaceminusoneのロゴをプラス。ソックライナーには特別なグラフィックをプリントした。太めのシューレースを通し、ミッドソールにはブラシのようなストロークを描いている。

【関連記事】:http://yurufu-works.com/wp-content/diarypro/diary.cgi


0 Replies to “ぱっと見は定番、だけど“一味違う”がキーワード”

2022春のトレンチコート へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー