アクアスター ディープスターⅡで仮想の海を旅する

時の流れのなかで失われてしまったレガシーに捧げる、最高にすばらしいオマージュだ。

ヴィンテージリバイバルのトレンドが僕の好みに合っていないと感じていた矢先、アクアスターが僕を引き戻してくれた。ヴィンテージリバイバルを知り尽くしたリック・マレイ(Rick Marei)氏のもと、2020年に生まれ変わったアクアスターは、このたび新たにディープスターⅡを発表したのだ。人気を博した2020年のディープスター・クロノグラフ・リ・エディションに続くものとして、ディープスターⅡは、1960年代初期のアクアスターの美学に重きを置き、もしもアクアスターがクォーツ危機のなかで人気を失っていなかったら、何を作っていただろうかというある種の可能性に対する答えを提示している。

アクアスターファンはこの画像を見て首を傾げていることだろう。オリジナルのディープスターを知っている人には懐かしいものがたくさんあるが……すべてが違うのだ。1970年代半ばにアクアスターが残したものを引き継ぐという明確な目的を持ったディープスターⅡは、特定のリファレンスの複製ではない。むしろ、ブランドの影響力のある歴史のなかで最高のものを集めた、一種の夢の創造物なのだ。

 37mm径、厚さ13mm、ラグからラグまでが46.5mmのスティール製スキンダイバーズケースを採用したディープスターⅡは、非常にヴィンテージ感のある時計だ。ヴィンテージのディープスター・クロノグラフと同じサイズでありながらディープスターⅡは時刻表示機能のみで、9時位置のシルバーのインダイヤルにスモールセコンドを備えている。オリジナルのクロノグラフのレイアウトと比較するとディープスターⅡにはプッシャーがなく(当然だ)、ダイヤルのレイアウトは基本的にクロノグラフとは逆になっている。

ディープスターⅡはアクアスターの全盛期に作られたもののように見えるが、それはアクアスターのCEOであるリック・マレイ氏の仕事によるものだ。彼はヴィンテージモデルを忠実に再現することに関してスペシャリストのような存在で、ドクサのSUB 300 50周年記念モデル、アクアダイブとシンクロンのリバイバルモデル、そしてイソフレーンやトロピックのようなヴィンテージに忠実なストラップなどを開発した人物だ。

 多くの点で、彼は今ではおなじみのトレンドを先取りしていた。ヴィンテージのダイバーズウォッチへの造詣の深さ(そして当時の多くのブランドにまつわるすばらしいストーリー)が長い間途絶えていたブランドを復活させることにつながったのだ。彼のリバイバルはブランドのレガシーを尊重すると同時に、当時のブランドの特徴を知っている人たちにも楽しんでもらえるようになっている。その適切な例が、ディープスターⅡだ。

【関連記事】:http://hikaricoffee.com/site/fla/diary.cgi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー